マンションのリノベーション。やって良かった3つのこと

こんにちは。咲子です。

我が家は中古のマンションを購入した後にリノベーションをして住んでいます。

リノベーションは長い人生の中でもそうそう頻繁にやるものではないですが、我が家が

改装して本当に良かったと満足していることを今日は書いていきたいと思います。

将来、リノベーションされる時の参考に。。





1. オープンキッチンにした

以前のキッチンは、完全独立型。匂いが居間に伝わらないという意味では優れていると思いますが、当時子供も小さかったのと食事の準備は、居間を眺めながら、家族とコミュニケーションをとりながらしたい、という私の強い希望で、壁を全部取っ払い、居間に向かって調理ができるようにしました。

我が家のリノベーションで一番お金がかかっている&気合が入っていたのはここかもしれません

以前にも書いているように、我が屋は60m2ほどの狭いマンションです。オープンキッチンにしたことにより、居間が広く見えるように。

2. 外国製の大きい食洗機を入れた

もう我が家にはなくてはならない家電、ナンバー1かも?と思うくらいの大活躍の食洗機。

外国製で容量も大きくしっかり洗えるものを設置しました。これによって食後の洗い物から解放されています。容量が大きい食洗機を使うことは何気にポイントではないかと思っています。食洗機に関しては、今後もちょくちょく書いていきたいと思っています。

3番目に続きます




3.作り付けの本棚を設置

作り付けの本棚を設置しているご家庭は多いと思うのですが、我が家は壁に沿ってではありません。

本棚コーナーを作りました。ドアをしめれば本は一切見えません。本棚を作る時は大きいサイズの本も入るように、いろいろな高さの棚を作ることがポイント!

お客様がいらした時に蔵書を見られるのってなんだか私抵抗があるのです。自分の頭の中を見られているようで。

この形式だと蔵書をお客様に見られることはありません。おまけに本が見えないので見た目もすっきりです。

壁際にある本棚ですと、いくら作り付けとはいえ、地震の時には平行に落ちてきてしまうと思いますが、コーナーで作っておけば、空間が閉じられていますので、仮に本が落ちてきても人には当たりません。

以上、リノベーションして本当に良かったと思う3点を挙げて見ました。

スポンサーリンク
レクタングル広告
コメントの入力は終了しました。