ここ数年風邪で寝込んだことのない私が、毎冬気をつけている7か条

今年も風邪では寝込みたくない

こんにちは。咲子です。11月後半も過ぎると、だんだんと心配になってくるのが

風邪。例年寝込むほどの風邪はひかずに済んでいますが、この冬も元気で過ごしたい。

一度風邪をひいてしまうと、結局一番辛いのは自分です。もちろん周りの人にも迷惑をかけてしまいますし。なので、まず”風邪を寄せ付けない”ことを目標に生活しています。

ちなみに私はインフルエンザワクチンは受けない主義ですが、これは賛否両論ありますし

今までインフルエンザにかからなかったのは偶然かもしれませんので、インフルエンザワクチンを受けなくても大丈夫!とは言えないですけど。

だんだんと年齢を重ねてくると、体力も落ちてきますが、比較的元気に過ごせている私が

毎冬気をつけていることを書き出してみたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告

1.寝るときは首にシフォンのスカーフを巻く

以前、風邪に気づくのはいつも朝起きた時でした。朝起きると喉が痛い。

寝ている間に喉がやられてしまっていたのです。それに気づいてからは私は毎晩、(実は夏の間も)首に薄手のスカーフを巻いています。冬は乾燥と寒さで、夏はクーラーやドライ機能の風邪で寝ている間に簡単に喉はやられてしまいます。

スカーフを巻き始めてから、喉からくる風邪がゼロになりました。

普段も寒い日、襟ぐりの大きい洋服の時は必ずマフラーで喉元を覆います。

2.緑茶を常に飲む

普段から緑茶は好きですが、冬はさらに飲む頻度がアップ!なんて言っても緑茶には

殺菌作用や免疫力アップに作用するカテキンが含まれています。また、喉を常に潤していることが大切なので、私は家にいるときは、ずっと緑茶をそばに置いていると言っても過言ではありません。

ただ、夜になるとカフェインのせいで眠れなくなってしまっては困るので

夜は,緑茶でなく、ハーブティーや他のブレンド茶。ごぼう茶も美味しい。

咲子おすすめティーを近いうちにアップしたいと思っています。

3.アロマを活用

風邪に効くといわれているアロマオイル、特に私はラベンダーやティートリー、ユーカリなどを常備しておき、たまにお風呂に入れたり、瓶から直接嗅いだり、就寝時に使用しています。

特にラベンダーはリラックスしてよく眠れる気がするのでお気に入りです。

4.加湿器➕空気清浄機

喉元の弱い私。毎晩のシフォンのスカーフも欠かせませんが、加湿器ももっと欠かせない。

昨冬までは加湿器だけだったのですが、この夏に空気清浄機と加湿器が一緒になったものを買ったので、この冬は2つの機能で。

空気もきれいになり、気持ちがいいです。

5.外から帰ったらうがいと手洗い

子供の頃から言われていることですが、手洗いはともかく、いつの間にかうがいはしなくなっていました。しかし、初心に戻って外から帰ったら、手洗いはもちろんの事、うがいも習慣づけることに。

これで良かったと思えることは、子供も私の真似をしてくれるようになったことです。

6.水のペットボトルを持ち歩く

家では、常にお茶を飲んでいる私ですが、外出の先には必ず水の入ったペットボトルを持ち歩き、喉を乾燥させないようにしています。

気道の壁に生えている繊毛は、水分が不足するとうまく機能ができなくなると聞いたことがあるので。なるべく繊毛が正常に機能してくれるよう、常に水分を補給するように努めています。

トイレが近い私は、水分の取りすぎにも注意しなければいけませんが、喉を痛めるのはもっと嫌!

7.風邪のひきはじめと思ったらすぐに漢方薬

ここまで気をつけていても、たまに風邪のひき始めの症状が出てしまう時があります。

そんな時は迷わず漢方薬。私は葛根湯がお気に入り。

大抵、漢方薬を飲めば翌日には良くなっています。とにかく早め早めに対処することが大切

無理に薬を飲まないで我慢しようとせず、漢方薬は常に携帯しておき、外出先であろうと少しでも症状が出たらすぐに服用しています。

できるだけ自分で注意できることはして、今年の冬も風邪で寝込まずに元気で過ごしたいものです。。

スポンサーリンク
レクタングル広告
レクタングル広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。