テレビのない暮らしは気持ちいいけど、デメリットもあります

こんにちは。咲子です。

先日は、テレビのない暮らしのメリットを挙げてみました。
しかし、それほど不便は感じていないものの、もちろんデメリットもあります。
今日はそのデメリットを挙げてみますね。

スポンサーリンク





1.子供が友達の話題についていけない

やはり子供たちははやりの番組や流行歌に敏感。うちの子供はもちろんそういう番組を
みませんから、みんなが知っていても知らないもの、というのがあるようです。
当たり前ですね。

幸い、うちの子は自分だけが知らなくて嫌、という感覚もないようなので助かっています。
むしろ”うち、テレビないんだ〜、だから知らないの”と友人にも平気で言っており、テレビのないことが
他の家庭と違っていてむしろ面白いようです。
たまたまこんな性格の子なので、助かっていますが、そういうのが
耐えられないお子様もいると思います。

最近ではテレビがないご家庭も徐々に増えていますし、テレビがあっても勉強や習い事で忙しく、
テレビはそれほど見ないご家庭も多くなってきていますからそれほど心配はないかと思いますが。

スポンサーリンク





2.流れてくる中で偶然見つける有益な情報は、もちろん入ってきません

実家にはテレビがあるので、実家に帰った時には時々見ます。
やはりテレビも悪い面だけではない。
旅行番組とか、遺跡を訪ねたり、など、いい番組はたくさんあるのですね。

もしかしたら幾つかはネットで見られるのかもしれないけど、そういうのって
わざわざ検索して見る、というものでもなく、テレビ欄でいいのがあったから
たまたま見る、とかつけたらやってたから、見る、とかそういう感じが
多いのでは?

そんなわけで、そんな有益な番組もほぼ全部逃しています。

他に何かないかな、と思ったけれど、思いつくデメリットはその2つくらいです。

テレビを近々断捨離しようかと迷っていらっしゃる方々、
どうか参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル広告
コメントの入力は終了しました。