40代のおしゃれ。おしゃれは足元から?

こんにちは。咲子です。

若い時には、何を着ても、それなりに似合っていた。少々安物の服でも若さがカバーしてくれました。でも、この年代になってくると、そうはいかないもの。





昔から、母には見る人は足元を見るから、靴だけはきちんとしたものを履きなさい、と言われて育ちました。

若い時から靴には気を払ってきていたつもりですが、それでもなるべく多くの種類の靴を履きたい。でもお金には限りはありますからそこまでお金はかけられませんでした。

しかし、それほど多くのものを持つ必要はないと気づいた今、やはり
靴はちゃんとしたものを履くべきではないかと、身に染みて思うのです。

今では若かりし時のように何足も何足も持ったりせず、自分の足に本当にあった、
でもそれなりの品質のものを厳選して選ぶようになりました。

ショートブーツ2足と、ロングブーツ、アウトドア用の靴、それ以外に2足、長靴、
夏にはおしゃれ系のサンダル2足と、アウトドアや買い物に行く用サンダル。

靴の数が少ない分、色の冒険はしないことにしました。あ、もちろん夏のサンダルは別です。





前は群青色とか、赤とか、色とりどりで持っていましたが、
結局、足もとを派手な色にすると上に着る物が限られきてうのですよね。

なるべく洋服の枚数も減らしたいと思っている私は、
靴はもう黒で統一です。ショートブートの1足は濃い茶色。
この茶色も濃い色にしないと、上を合わせるのが大変なのです。

夏のサンダルに関しては、買い物に行く用サンダルは、使用頻度も高く
痛みも激しいので毎年気分によって買い換えています。こちらは
涼しげに白っぽいものが多いです。

買い物に行く用サンダル以外のものは、もう何年選手かしら?と思うほど
年季が入っています。
私はかかとがすぐにすり減ってしまうのですが、直し直し、長年使っています。

質のいいものですと、丁寧に手入れをすれば、長年使えます。

買う時はちょっと勇気がいるし、この靴本当に私の足に合うのか?と疑問も
ありますが。。

でもわかる人が見れば、それなりの品質ということがわかる。。はず?!?!

おしゃれは足元から、だけど私はそれにコートも加えたいと思っています。
コートに関してはまた別の機会に!

スポンサーリンク
レクタングル広告
コメントの入力は終了しました。