老眼にも近視にも効果あり!ピンホールコンタクトレンズが待ち遠しい

こんにちは。咲子です。

40代になった私が真っ先に年を感じたのが、何を隠そう、”老眼”
私は近視ですが、ずっとコンタクトを入れているので、朝起きがけと夜寝る前以外は
自分の目が悪いことも忘れてしまいそうなほど。

スポンサーリンク





しかし、1年ほど前から、恐るべき現象が!!
そう、近くのものが見えづらい。。。
以前老人の方が近くのものを見るのに何故メガネをかけるのか?
不思議でたまらなかったんですよ。

遠くのものは遠いから見えないけど、近くのものが何故見えないの?と

しかし、ある時地図を見ていると、以前に無理なく読めていた文字が
かすむではありませんか!!
もしや、これって老眼の始まり??

このショックは忘れられません。

コンタクトにより、自分の目の不都合が全て解消されたと思っていたら、
今度は逆バージョンですか。

かといって、遠近両用コンタクトはなんだか酔いそうで(私車酔いがすごいのです)
使いたくないな、、と思っていたところ、
”ピンホールコンタクトレンズ”の記事を偶然読みました。

このピンホールコンタクトレンズ、視力回復に役立つ、トイって
子供の頃に持っていた、ピンホールメガネと同じ原理と思われます。
黒い眼鏡に穴がたくさん開いたメガネで覗くと、裸眼なのに
よく見えました。それで本当に視力回復に役立ったどうかは疑問なのですが。。
(そういえば、子供の頃、視力回復にかなりお金使ってもらった記憶があります。
でも、結局悪くなる一方で、コンタクトにしてからは、あまりに自然に見えすぎて
矯正なんてどうでもよくなっちゃったなあ。。)

近い将来、この原理を使ったコンタクトが発売されるということです。
このコンタクト、度数は関係なく、一種類のコンタクトでほとんどの度数の
視力の改善ができるとか。あまりに視力の悪い人は無理なようですが。
もしかして私無理かもしれないですが。。

そして、嬉しいことに、近視、乱視、そして老眼にも効果が
あるようです。

ということは、私がこのピンホールコンタクトつけたら、近視が改善されると同時に
近くのものもよく見えるということ?

この素晴らしい製品を開発している会社はユニバーサルビューといって、オルソケラトロジーレンズを開発、販売している会社です。
オルソケラトロジーレンズは、今子供さんたちに結構人気のようですね。
就寝中にはめている間に、角膜の形状を矯正させて、翌日は裸眼で生活出来る、というレンズで
実はうちの甥も使っています。

私は、いまいち怖くて導入していないんですが(もし夕方になってだんだん視力が落ちてきちゃったらどうするの?しかも仕事中に?とか余計な心配しちゃうんですよね。)

しかし!ピンホールコンタクトレンズが販売されたら、いち早く買いに行きます。
もしかしたら私のようなど近眼には矯正能力に限界があるのかもしれないけれど。。
でもこれも数年のうちに改良されると思うのですよ。
ユニバーサルビューさんに期待しています。

スポンサーリンク
レクタングル広告
コメントの入力は終了しました。